Translate

2011年1月26日水曜日

iphone応援隊 第22回 ちょっと不思議な連携を可能にするカレンダーソフト「Snap Cal」 twitterのフォロワーにつぶやいたりEvernoteのメモをカレンダーに取り込むことができる技をもつ。

詳しくは下記サイトよりご参照ください。http://www.twitcal.net/ja/

もともと何故標準でインストールされているiphone用カレンダーが気に入らないか?というと今のicalは複数のグーグルカレンダーに対応していない。これは私にはかなり不便。さいすけも使ってみたが、すぐ落ちる。(iphone3Gだから仕方ないといえばそうだが。)このsnap calはすかすか動く。しばらく大事に使ってみよう。それより何かイベント好きの人が開発した形跡があるので、それについても研究してみようっと。

スケジュールを“ツイート”。

大勢の仲間に知って欲しいイベントやスケジュールを、SnapCalからTwitter上のフォロワーへ“ツイート”することができます。フォロワーは Web上でスケジュールの詳細情報を確認でき、また、もしSnapCalを利用しているフォロワーであれば、自身のSnapCalに直接スケジュールを取 り込むことができます。操作は簡単、「ツイート」ボタンをタッチするだけです。
スマートに”同期”する。
多くのユーザーがカレンダーアプリケーションで求めるのは、既に利用しているカレンダーとの同期機能。SnapCal は、Google カレンダーとのスマートな同期機能によって、iPhone 上でも、クラウド上でも常に同じスケジュールを確認、編集することができます。Google カレンダーの「マイカレンダー」や「他のカレンダー」など、複数カレンダーの同期をサポートし、既に使用しているカラーも反映します。心地よい SnapCal のインターフェイスから、Google カレンダーを利用してみませんか。
”記憶”を活用する。
Web ページのクリップや、メール内の一文、打ち合わせ時のメモなど、カレンダーと連携できたらスケジュール管理はもっとスマート。SnapCal は、Evernote上に蓄えられた記憶の中から、日付や時間、場所、詳細情報などを抽出、カレンダーに取り込みます。また、SnapCal で管理しているスケジュール情報をEvernote 上にポストすることもできますから、日々の行動を”記憶”として保管しておくこともできます。

0 件のコメント: