Translate

2016年11月12日土曜日

混沌としていくアメリカ人<若者意識の変化>

日本人も、EUを離脱したイギリスも、そしてアメリカ人の若者も著しい意識の変化が始まったと思う。アメリカ大統領線の共和党の勝利は、民主党の敗北ということが正しい理解かと思う。スィングステート(選挙の勝敗の鍵を握るオハイオやフロリダ州)では、民主党がかなりの票を落とした。その票が共和党に流れたわけではなく、民主党支持者が選挙に行かず棄権を選んだということだ。その主体は若者であり、これからの未来を担うヤングジェネレーション。選択よりも棄権を選ぶ考え方はとても残念であり、世界的に物言わない主張が広がりそうで、これは怖い。

日経ビジネスでかつて株式市場の予測を語っていた今井さんが、民主党のアキレス腱は「オバマとヒラリーが抱えるベンガジ事件の真相」と常々言っていたが、やっぱりその通りになった。正義が正義でない政治に、民主党の若者が失望したのは理解できるのだが。

一体アメリカはどう変化するのだろうか?

2016年10月5日水曜日

アジアは狭くなった。そして、セブも近くなった。直行便がいつの日か。。。。。

当社が2013年に、国の海外進出補助金を得てフィリピン進出の調査を始めた時、
フィリピン・セブ島へのフライトは、
・フィリピン航空 成田便 毎日1便
のみだった。

しかし、LCCやらのおかげで今年12月より、
・フィリピン航空 成田便  毎日1便
・フィリピン航空 名古屋便 毎日1便
・フィリピン航空 関空便  毎日1便
・セブパシフィック航空 成田便 毎日1便
・バニラ・エア 成田便 毎日1便
1日5便に拡大する。

また札幌からは海外での乗り換えが必要だが、
・エバー航空 台北乗り換え
・大韓航空  インチョン乗り換え
・キャセイパシフィック航空 香港乗り換え
と選択肢が多い。

インバウンドが増えるのも当たり前だ。
フライトが増えているのだから。


2016年9月24日土曜日

技術革新とDrupaを振り返る

人生で初めてDrupa(4年毎の印刷展示会:ドイツ)を視察した。
印刷業界が縮小していくなか、もう見る必要がないかも、、、、
と思いつつ、東京紙芸社の藤田相談役と行ってきた。
思えば、Drupaは着実に印刷業界を変えてきた。
そして、明日の印刷業界を導いてきた。
ちょっとセンチになって当社の導入設備を振り返ってみた。

1984  マッキントッシュ 日本上陸
    1994年:当社は10年遅れで導入
1992 インターネット
    1992年:当社は、ほぼ同時に導入
1993 ロータスノーツ(日本初の本格的グループウェア)上陸
    1998年:当社は15年遅れで導入
1993 E-print1000上陸
    IPEX1995 発表機種
    1998年:当社は14年遅れで導入
1995 ハイデルベルグ社Quick Master DI 上陸
    Drupa1995 発表機種
    1999年:当社は14年遅れで導入
1995 CTP普及
    2003年:当社は18年遅れで導入
2006 インデザインサーバー 日本発売
    2013年:当社は17年遅れで導入
2008 大型インクジェット 普及
    Drupa2008 多数展示
    1996年:当社は1北海道1号機導入

こう振り返ってみると技術革新のスピードは90年代が最も早かった。
しかし、1995-2015の20年間は時間が止まっているようだ。

今年、2016から加飾印刷やインクジェット印刷(巻取り)が世の中をまた変えると思う。

2016年4月1日金曜日

2016年入社式、9名の新卒社員です。

フレッシュな若者と入社式に参加してきました。
プリプレス・センター7名+DMC2名の9名が仲間入りしました。
今年の中小企業家同友会の入社式では、昨年に比べて134%増の参加でした。
景気は上向いているのでしょうか?それとも、高齢者の引退による影響なのでしょうか?

若い人の時代を応援したいものです。


-- iPhoneから送信

2016年2月11日木曜日

今年のテーマは「シェア」と「繋がる」=Connect&Share

2016年。もう2ヶ月が経過して今年はじめての投稿です。ご無沙汰です。
ブログを書き出して11年。この間、世の中はすっかり進化?深化?しました。
変化する時代のスピードの速さが良い進捗なのか、悪い兆しなのか分かりませんが、何とか事業を守り成長させなければなりません。
プリプレス・センターのグループが合計5社となり、今後の事業の方向性がブレないよう今年1月後半に2週続けて、経営方針報告会を札幌と東京で開催しました。普段社員に語りかける機会が少ない中で、営業や工場、制作、総務経理などあらゆるスタッフとの貴重な共有時間です。その中で、今年はシェア元年の年になると宣言しました。


世の中でようやくシェアのビジネスの評価が生まれ、シェアの理念を活用したビジネスが身近になり始めたからです。世の中、物質的豊かさが限界点に達し、飽和と余剰を繰り返し、社会が不安定に向かっています。印刷業界も同様で、繁栄時代のピークは過ぎ去り、シュリンク時代に突入にしています。だからこそ今必要な発想は、「シェア」と「繋がる」です。

shareとは、
【動詞】
1〈…を〉分ける,分配する.
分け合う,分配する
2a〈ものを〉共有する
〈…を〉〔人と〕共有する,共にする
〈…を〉〔人に〕語る,披露する.
とweblioに書かれています。
http://ejje.weblio.jp/content/share
facebookでシェアはすっかり有名なトレンドキーワードになりました。

またつながるは、
つなが・る 【繫がる】とは、
http://www.weblio.jp/content/繋がる
①離れているものが一続きのものになる。 「四国と本州が橋で-・る」 「電話が-・る」
②間が離れずに続く。つらなる。 「自動車が-・ってくる」
③関係がある。かかわりがある。結びつく。 「仕事の上で-・る」 「敗北に-・る失策」

この2者(「シェア」と「繋がる」)は、重要な関係があると思っています。繋がるためには、あるいは繋ぐためにはどんな理念や発想が必要か?それは、有限なリソース(資源)を共有するシェアのコンセプトが必要だと私は思っています。IOTと呼ばれる、モノのインターネット(Internet of Things : IoT)が最近注目を浴びています。IOTとは従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々な"モノ"を接続する技術です。

私のこのブログも、昨年8月に書いたIFTTTの新サービスでブログとfacebookの繋がりサービスを利用することにしました。
http://pripribito.blogspot.jp/2015/08/iftttfacebook.html
携帯でブログを書き、その内容がfacebookに自動投稿というシステムです。
そのIFTTTから新しいサービスの案内メールが本日届き、ちょっと嬉しくなって久しぶりにブログを朝早くから書き始めました。まだ、英語表記しかありませんが数年後の日本で登場する新しいビジネスモデル、繋がるコンテンツばかりです。本業としても何ができるか色々と想像したいところです。
https://ifttt.com/







2015年12月9日水曜日

今年も走り続けました。来年も走りますょ!


走れることは健康なこと。自分の体、会社や家族に感謝です。
来年は富山か長崎にチャレンジしたいなあ。
タイムを見るともう5時間切るのはしんどいかもなあ。歳だし、しょうがないかあ。

DATE
MARATHON
TIME
2015年11月8日 おかやまマラソン2015
(第1回)
05:15:06
2015年5月18日
洞爺湖マラソン2015
05:06:16
2014年10月26日
大阪マラソン2014
05:24:28
2013年06月02日
第33回千歳JAL国際マラソン
05:13:18
2012年10月07日
第10回弘前・白神アップルマラソン
10kmで棄権
2012年06月03日
Run for the zoo in Chicago Lincoln park(10km )
01:02:44
2012年03月11日
京都マラソン2012(第1回)
05:13:16
2011年11月27日
第36回河口湖日刊
スポーツマラソン
(フルマラソン・デビュー)

04:44:44
2011年10月02日
第36回札幌マラソン 
02:01:14

2015年12月6日日曜日

1ヶ月半振りのセブ。ユニクロが進出していた。

札幌ラーメンの「空」がフィリピン・セブ島に進出したと思ったら、帯広豚丼、ミスタードーナツ、そして遂にユニクロのお出ましだ。Japan Culture がどんどんフィリピンに拡大していく。ユニクロは、事務所から4.5kmほどの距離だ。来年春には、東横インCebuが550室で営業を開始する。日本企業のグローバル化が加速しているなあ。当社も来年はセブで、前工程のデザイン業務だけでなく、後工程のビジネスも準備していかなくては。
ご紹介が遅くなりましたが、セブのホームページもようやく完成しました。
グラフィックが格好良いですよ。ぜひ御覧ください。現地スタッフの力作です。言語は英語のみですが。。。。
http://www.cebupripress.com

◯セブプリプレス・センターのwebサイト
◯ユニクロ in Cebu City

2015年11月4日水曜日

縁あって、東京の印刷会社を引き継ぎました

2015年11月2日付にて、株式会社東京紙芸社から全株式の経営譲渡を受けました。代表者として藤田耕太郎氏の後任に藤田靖が就任しました。これまで以上に、皆様のご支援を賜り努力したいと思います。


調印式の終了後、記念撮影をしました。
株式会社東京紙芸社とは、パッケージ印刷を主体とした創業44年の歴史と伝統のある会社です。パッケージ分野はプリプレス・センターもノウハウが薄く、お互いにシナジー効果が期待できる連携となりそうです。世界的にはパッケージ分野はまだまだ伸びしろがあると言われており、将来が期待できます。しっかり事業継承を実行し、今後の新しい展開に臨みたいと思います。

所在地:東京都墨田区堤通1丁目7-18 電話:03-3619-6346

<会社概要>
創業  昭和46年
社員数 16名

<役員体制>
相談役   藤田耕太郎
代表取締役 藤田 靖
取締役   野田 稔
取締役   野村 富士彦
監査役   川向 公博

<主な設備>
トムソン(打抜き)5台
サック(のり貼り)2台






-- iPhoneから送信

2015年8月9日日曜日

IFTTTという新しいサービスがブログの投稿を自動でfacebookに配信してくれるようです!

graffitiに替わる新しいサービスを見つけたよ!!
http://ifttt.com
私のブログは、グーグルのサービスだから相性がいいと思っていたら、
本当に簡単に接続できて、うまく行きそうです。
よかった、よかった。



Facebookと連携してたgraffitiが、サービスを中止したよ、残念。

rssフィードをこのブログから自動で拾い出し、facebookに自動投稿するアプリgraffitiが2015年4月30日をもってサービスを中止したとホームページに書いてあった。無料サービスの限界で、十分な収入を確保できなかったというのが理由らしい。永年お世話になっていたので残念です。ありがとう、graffiti。次の新しいサービスを探して下さい!と、ホームページにの結びの言葉にあった。さっそく、探さなくては。

2015年8月6日木曜日

フィリピン事業を徐々に加速させて行きます!


新しく事務所をオークリッジビジネスセンター地区に移転しました。今度は、200坪以上ある広々としたオフィスです。人員もマネージャーのもとで、日本人スタッフ4名、セブローカルスタッフ22名と少しずつ増えてきました。秋の新卒採用で少しまた増やす予定です。

オークリッジビジネスセンター地区には、何とスターバックスがあります。加えて、札幌ラーメンの「空」さんが進出されていて、日本食が恋しくなったらいつでも味噌ラーメンが味わえるのです。
フィリピンの状況は刻一刻と変化しています。

つい先日のYahooニュースにも下記のような話題が取り上げられていました。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150805-00000008-nna_kyodo-nb
【フィリピン】IT・BPO業界、コールセンター依存を脱却へ
 フィリピンの情報技術(IT)・ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界が、競争力の強化を打ち出した。産業全体の売上高の6割を占めるコールセンターの依存から脱却するため、プログラム開発、医療、金融分野を成長エンジンと位置付け、規模拡大を目指す。同産業の今年の売上高は、前年比12%増の212億米ドル(約2兆6,300億円)に達する見通し。業界幹部は今後の課題として、人材育成を挙げた。


-- iPhoneから送信

2015年4月2日木曜日

PPCグループに、新入社員8名が元気に入社しました!

大阪1名、東京3名、札幌4名の計8名です。
営業、制作、経理など各方面での活躍を期待しています。今回は、中国人、フィリピン人も2名含まれていてグローバル化の対応にも取り組んで参ります。
今日の夜は、新人を交えてお酒の力で飲みニケーション!を実施します。