Translate

2011年1月20日木曜日

facebookで人間関係を可視化する「ナビゲーター」。日本で先行したスパイシーと同じように見えるが、精度がまるで違う。

あの人検索スパイシー http://spysee.jp/
は、自分を中心にどんな知人・友人がいるのか相関図を自動で作成してくれるサービスだ。
自分の場合、5人の主たる知人がいて、その5人からさらに知人が広がっている。
5人のうち、たしかに2人は知り合いだがあとの3人は全く知らない。しかも、私の場合は元近鉄バファローズの「タフィーローズ」が友人となっている。(テレビで観たことあるだけ)
webから何らかのロジックで自動で集めた情報なので、精度は低い。


一方でfacebookのプラグインにも利用されている「ナビゲーター」は、自分が選択した友人についての相関図を下記のように作成してくれるサービス。facebookに登録しているのはもともと自分の友だちばかりだから、相関図が正確にできるのは当たり前だが、友人の分類がリスト(facebook内の友達を種別ごとに整理する機能)に近い形できれいに整理されている。(リストは反映されていないようだ)。どっち方面の人が多いのかが、とてもわかりやすい。
facebookからこの機能を追加したい人は、

0 件のコメント: