Translate

2012年4月19日木曜日

1994年アメリカの印刷事情。 ーその1ー

そんな古い話を読んでいまさら?と思うかもしれませんが、
日本の印刷業界に通じる面も多く日本でもアメリカでも悩みは一緒。
同じような栄枯盛衰の繰り返しをたどっているような気がするからです。
今から18年前の印刷業界は日本も決して悪くなかった。しかし、デジタルのひたひたと不気味な足跡は着実に聞こえてきていた。そんな背景の時に書かれている内容なのでとても興味深い内容です。また、quick printingのジャンルが既に確立されていたということも凄いことですね。

google翻訳に少し手を入れてみました。(一部翻訳の不具合はお許しを。)

Who is the bigger employer in the United States, the printing or the automotive industry? If you guessed printing, take a bow—an $83+ billion bow. Yes, believe it or not, in the US, printing isn't just big business, it's the biggest. Printers employ nearly 1 million people across the country, placing the meager 780,000 in the auto industry a distant second. Sounds pretty outrageous until you stop to think about it. In a society that's constantly in search of access to information and literally obsessed with record-keeping, it stands to reason that printing is ubiquitous. From new car manuals to tabloid newspapers to t-shirts to those little tags on mattresses, nearly every product calls on the printing industry somewhere along the line. Put in that light, the numbers don't seem quite so farfetched. So the big question is, if it's such a big industry, how come we've never noticed?

The relative invisibility of the industry is due primarily to the nature of the business and the way it has evolved. To understand how the industry works and how to effectively target printing facilities for pollution prevention programs, we need to understand who they are, what they do, and perhaps most importantly, where is everybody?

According to the 6th Annual Report to Congress by the Printing Industry of America (PIA), printers are defined as: "Those firms engaged primarily in commercial printing, business forms, book printing, prepress services, quick printing and blank books and binders." This definition does not include firms mainly involved in publishing. Figure 1 (PIA, 1994) illustrates the economic breakdown of the industry into these seven major areas. Before the screaming begins, according to USEPA data, letterpress really did account for 11 percent of the economic market and screen only 3 percent. However, of all the major printing processes, screen printers are the most undocumented. So, in this case, 3 percent is the number that can be physically established.

米国国内の印刷業界  概要

米国で大きな雇用主といったら、印刷業界?それとも自動車業界? もしあなたが、印刷業界を推測した場合は、敬意を評しますがなんと830億ドルのものぼるのです。 はい、信じられないかもしれませんが、米国では、印刷業は単に大きのではなく、最大です。 印刷業界の人口は全国約1万人で、第二位の自動車産業の78万人よりも多いのです。 とんでもないとおもうかもしれませんが、そうなのです。 情報へのアクセスの検索では常にだと文字通り記録保持に取りつかれ社会では、印刷がユビキタスであることが理にかなっている。 マットレス上でそれらのほとんどのタグにTシャツにタブロイド新聞に新車のマニュアルから、ほぼすべての製品がラインに沿ってどこかに印刷業界が関係しています。 その流れの中で言えば、数字はそれほどこじつけていないようです。 そのような大きな業界であればこそ、我々が書いたことがないようなことが来ようとしているのではなかろうか?(ここの翻訳は違っているようなきがしますが。)

業界の相対的な不可視性は、主にビジネスの本質とそれが発展してきた方法に原因があります。 業界のしくみと効果的な公害防止プログラムの印刷機能をターゲットにする方法を理解するために、我々は彼らが何をすべきか、ある人を理解する必要があり、そしておそらく最も重要なのは、みんながどこにいるのかでしょう?
アメリカ印刷業界(PIA)の第6年次 Reportによると、プリンタは以下と定義されます。 「それらの会社は主として商業印刷物、ビジネスフォーム、本の印刷、製版サービス、特急印刷、blank books(?)および製本に従事していました。」 この定義は出版に主にかかわる会社を含んでいません。 図1(PIA、1994)はこれらの7つの主要分野に産業の経済故障を例証します。 USEPAデータによると、金切り声を出すことが始まる前に、活版印刷は、本当に経済市場とスクリーンの11パーセントを3パーセントだけ占めました。 しかしながら、すべての主要な印画法では、スクリーン印刷機は最も正式書類がないです。 それで、この場合、3パーセントは、物理的に確立できる数です。


写真は、Wall street

0 件のコメント: