Translate

2012年4月15日日曜日

UNITED航空は、重々しいグレーの機体デザインから、さわやかなデザインへ。

機体デザインは、コンチネンタルのデザインが採用されたのは、ちょっと残念。
前のチューリップ型のロゴや重々しいグレーは、アメリカ軍用機にもあるような良さがあったんだけどなあ。詳しくは下記のwikiに合併の経緯が説明で書いてあります。

スターアライアンスメンバーが使えるラウンジも、RED CARPEDからUNITED CLUBへ。
あまりにも昔の面影が少なくなっていく変貌にちょっと寂しさがありあます。



http://ja.wikipedia.org/wiki/ユナイテッド航空

コンチネンタル航空との合併 [編集]

コンチネンタル航空の塗装を踏襲した経営統合後のユナイテッド航空塗装(写真はコンチネンタル航空所有のもの)
2010年5月2日、提携していたコンチネンタル航空と合併することを取締役会で決定した[1]。2010年8月27日、アメリカ合衆国司法省より承認された[2]。 両社はあくまでも「対等合併(MERGER OF EQUALS)」であり、新会社名はユナイテッド航空となり本社はシカゴに置かれるものの、コンチネンタル航空の機体デザイン、ロゴマークが採用される予定である。1974年より永らく親しまれたUAのシンボル「フライングU(同社職員は「チューリップ」と呼んでいた)」マークも姿を消すこととなる。
2010年10月1日、両社は持株会社ユナイテッドコンチネンタルホールディングス(NYSE:UAL)[3]を設立して経営統合し、新会社のCEOにはコンチネンタル航空のスマイゼックCEOが就任。米・デルタ航空に代わる世界最大の航空会社グループが誕生した。統合後約1年半の間は、ユナイテッド航空、コンチネンタル航空両社は別々の運航を継続し、最終的には全便をユナイテッド航空として運航するようになる予定と発表した。[4]
2012年3月3日、コンチネンタル航空とのシステム統合が完了し、コンチネンタル航空の便名で運航していた便もすべてユナイテッド航空の便名となった[5]
コンチネンタル航空との合併はアメリカ航空業界の独占が進み、運賃の値上がりも進むため合併阻止の訴訟が起きている[6]

0 件のコメント: