Translate

2012年1月10日火曜日

サービスレベルは最高の韓国・アシアナ航空。

韓国の勢いは本当にすごい。
スターアライアンス系に属するアシアナ航空は、世界的な評価を受け毎年存在感を増している。日本へも23路線と豊富な乗り入れが大きな武器となっている。

http://jp.flyasiana.com/

wikiによる概要

2011年6月現在、国内14路線、国際86路線に就航。国際線のうち日本向けは23路線で、主要空港や他各地方空港への直行便も就航している。スターアライアンス加盟航空会社。株式韓国取引所店頭市場部(旧・コスダック)に上場(証券コード:20560)。 株主構成は、個人投資家30.05%、錦湖産業29.51%、錦湖石油化学15.05%、海外投資家11.9%、韓国産業銀行7.18%、その他5.83%となっている。従業員数8,763人(2011年6月現在)。2007年には同じスターアライアンスメンバーの全日本空輸と株式を持ち合うことで合意している。 格安航空会社エアプサン(釜山国際航空)の筆頭株主である。

サービスレベル 

アシアナ航空 ボーイング747-400M型機(旧塗装)
2007年には世界的航空会社格付け機関「スカイトラックス」により「5つ星航空会社」に認定されるなど、サービス面において他社との差別化を図っている。なお2011年現在「スカイトラックス」による「5つ星航空会社」認定を5年連続更新中である。また2009年には、米エア・トランス・ワールド(ATW)誌の「エアライン・オブ・ザ・イヤー2009」を受賞した[2][3]。その他Global Traveler誌において、7年連続で「Best Onboard & Flight Attendants」賞を受賞するなど、近年は毎年のように世界的に権威があると言われる各種賞を受賞しており、シンガポール航空などとともに航空会社ランキング上位の常連になってきている。 そして2010年5月、スカイトラックスにより、業界評価の最高峰「エアライン・オブ・ザ・イヤー 2010」に選出されるに至っている[4]
この、異なる評価機関から2年連続「エアライン・オブ・ザ・イヤー」の評価を受けたことで、航空業界内での存在感を増している。 なお、2011年スカイトラックス選定では「世界最高乗務員(World's Best Cabin Staff)賞」などを受賞している。

ペイントは、グレーベースと白ベースがある。



0 件のコメント: