Translate

2012年1月9日月曜日

アジアでは乗り継ぎに便利なタイ航空。

タイ航空は、南アメリカを除く全大陸に就航しているという。どうりで乗り継ぎの便利さに定評があるはずだ。コストも安くサービスも悪くない。
昨年秋は、洪水がなければ初のタイへ行けるはずだったのだが。。。。残念。
http://www.thaiair.co.jp/

wikiのよる概要

タイ国際航空本社ビル
タイ王国を代表する大企業の一つで、スワンナプーム国際空港ハブ空港とするタイ王国の「フラッグ・キャリア」である。またアジアのみならず世界でも有数の規模を持つ航空会社でもある。
コンデナスト・トラベラーなどの旅行専門誌や、各国のビジネス誌などによるサービスランキングでは上位の常連であり、スカイトラックス社の「ベスト・キャビン・スタッフ&ベスト・エアライン」賞を2006年に受賞している。また、機材の新しさと整備技術の高さから航空会社の安全度ランキングでは「A」をマークする。
南アメリカを除く全大陸に就航しているほか、タイ王国の国内線にそのネットワークを広げている。なお、世界最大の規模を持つ航空会社アライアンスのスター・アライアンスに、ルフトハンザ航空スカンジナビア航空ユナイテッド航空らとともに発足当初からのスターティング・メンバーとして加盟している。
2007年現在の株主構成は、タイ財務省54%、ワユパック・ファンド15.5%となっており、事実上の半官半民航空会社である。格安航空会社ノックエアの株式39%を所有する大株主で、同社の事実上の親会社でもある。

写真は、乗り継ぎでマレーシアーシンガポールで利用した際の、タイ航空。


0 件のコメント: