Translate

2012年1月7日土曜日

100席以下が主体で運行するアラスカ航空傘下のホライゾン航空。


親会社であるアラスカ航空とのすみ分けが明確でわかりやすい。印刷会社も空いている座席のコードシェアによる売上のリテール販売や営業拠点をハブ化し、運営拠点をしぼりこむ航空会社の手法を導入したら良いのに、と思ってしまう。
wikiでの解説。
ホライゾン航空( -こうくう、Horizon Air)は、アメリカ合衆国アラスカ航空グループの航空会社である。アラスカ航空は、おもに、100席以上の旅客機を運用するのたいして、ホライゾン航空は、100席以下の旅客機を運用している。両社のネットワークは、相補的関係にある。カナダアメリカ合衆国の小都市と大都市のハブ空港を結ぶ便を、多く就航している。
保有機材は、長い間スウェリンジェン・メトロ(19席、Swearingen Metroliner)のターボプロップ機を中心に保有し、数少ないジェット機としてフォッカー F28を運航していたが、2001年を最後に保有する全てのジェット旅客機をボンバルディア CRJ700に更新した。尚、以前運航されていたQ300型機は全てQ400型機へ更新されている。
http://www.alaskaair.com/



0 件のコメント: