Translate

2011年4月14日木曜日

アドビの日本における収益は世界で2番目。日本の困難を大きくサポート。

アメリカ・マーケットレポートによると、Adobeの収益は20%増の$1.03B。またしても四半期記録を更新したそうだ。
以下、http://jp.techcrunch.com/archives/20110322adobe-beats-the-street-revenue-up-20-percent-to-1-03-billion/より抜粋
2011会計年度第1四半期の収益は$1.03B(10億3000万ドル)で、前年同期の20%増だった。Adobeの非GAAP1株当たり利益は$0.58で、アナリストの予測、$0.57を上回った。
Adobeの2011会計年度第1四半期の非GAAP経常利益は$400.1M(4億0010万ドル)で、前年同期の$289.3M(2億8930万ドル)並びに2010年第4四半期の$384.0M(3億8400万ドル)を上回った。非GAAP純利益は$298.1M(2億9810万ドル)、前年同期は$285.7M(2億8570万ドル)、前四半期は$285.7M(2億8570万ドル)だった。
Adobe CEOのShantanu Narayenが発表文の中でこう言っている。「私たちはこのQ1の新記録によって、6期連続の収益増を達成した。世界のデジタル体験の作成、測定、配信の方法を転換するというAdobeのビジョンが、私たちの顧客と共鳴し、私たちのソリューションは、Adobeが大きな市場を目標としてさらに成長する糧となっている」。
財政目標に関しはAdobeは、最近日本を襲った地震と津波のために未だ慎重だ。CFO Mark Garretが言う、「日本の全国民に深い同情の意を表したい。Adobeは非常に広範囲にビジネスを展開しているが、日本は収益において当社で2番目に大きい国であり、特に3月は、会計年度末のため年間で最も収益の高い月だ。日本でのビジネス環境が不確定であることを踏まえ、第2四半期の日本における収益予測を$50M(5000万ドル)― 当初予測の約1/3 ― 引き下げた。」
Adobeは2011年第2四半期の収益目標を、$970M(9億7000万ドル)から$1B(10億ドル)の範囲としている。

また、アドビ システムズ社の災害対応については様々な対応を行なっている。

http://www.adobe.com/jp/joc/disasterrelief/
アドビ システムズ社の災害対応について
東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、アドビ システムズ社では、
この難局を乗り越えるための被災者の皆様への支援を、関係自治体・組織への 支援活動と併せ、全社を挙げて取り組ませていただきます。
地震発生から現在までの弊社の災害への対応ならびに関連情報は以下のとおりです。
【震災の影響でライセンスを喪失したお客様へのサポート】
震災によりライセンスを喪失したお客様にはライセンスの再発行に対応いたします。
喪失したライセンスの再発行につきましては、電話 0570-067337(ナビダイアル)
または 03-5350-0407 までご連絡ください。できる限りの早急な対応をさせていただきます。
ライセンスの配布には物流の回復、あるいはインターネット接続の回復などが必要です。
ご不便をおかけすることもあろうかと思われますが、ご了承ください。
http://www.adobe.com/jp/support/information/
【アドビ システムズ 株式会社からの義援金の寄付】
アドビ システムズ 株式会社では日本でのパートナー各社様の今期の販売額に応じて、その一部を日本赤十字社に寄付いたします。
【米国アドビ システムズ社からの義援金の寄付】
アドビ システムズ社は、東北・三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震の被災者救済のため、米国赤十字社を通じて75,000米ドルを寄付いたしました。
【全世界のアドビ システムズ社員による義援金プログラムの展開】
全世界のアドビ システムズ社の社員が赤十字社もしくはアジアのNPO支援団体であるGive2Asiaへの寄付をした場合、その2倍の額の寄付を行うMatching Giftプログラムを展開しています。
http://www.adobe.com/jp/joc/give2asia/
【PDFで提供される各種災害関連情報の表示に必要なAdobe Reader(無償)のダウンロード】
東京電力、東北電力からの計画停電案内ならびに多くの自治体、交通機関からの災害関連情報がPDFで公開されています。PDF文書の表示、印刷に必要なAdobe Readerは次のサイトから無償でダウンロードいただけます。
http://kb2.adobe.com/jp/cps/891/cpsid_89111.html
このほか、アドビ システムズ社では、関係各局からの各種支援の要請に対応するとともに、被災されたユーザーの皆様からのご要望に可能な限りお応えしてゆく所存です。
今後新たな支援策が追加され次第、皆様にお知らせいたします。
皆様のご無事と一日も早い復興をお祈り申し上げます。

アドビ本社の受付には、以前イベントで協力した御礼として頂いたというガンダムが陳列されていた。印刷業界のガンダムとしてこれからも頑張ってほしい。

-- Post From My iPhone

0 件のコメント: