Translate

2012年6月17日日曜日

丸駒温泉に泊まるたびに、弊社の印刷会社としての歴史を思い出す。

北海道印刷工業組合札幌支部南分区主催の一泊研修。
この南分区では、毎年のように観桜会の季節になると丸駒温泉に宿泊研修で泊まることがしばしばありました。もうかれこれ10回以上は訪れているような気がします。初めて参加するようになったのは、十数年前で今でもその当時を思い出します。確かカシオ初のデジタルカメラQV-10を持参して、みんなが食い入るように見て、驚いていましたのでそれが1995年発売でしたから17年はゆうに過ぎているという懐かしさです。

会社の沿革を見ると、
1995年(平成7年)(株)プリプレスセンターとして株式登記
資本金1,000万円に増資。各パソコンやDTP関連設備の導入。北海道初の幅90cmの大型インクジェットプリンタ導入。インターネット導入。
◎ 売上1億8000万円。社員数18名。

当時、インターネットが開通したばかりで、1ヶ月6万円のプロバイダー料金。
マッキントッシュは1台100万円近くで、キャノンのPIXELカラーコピーも600万円以上した。社員もまだ少なく18名とこじんまりしていたが、毎日が戦争で、仕事で午前様は日常茶飯事だった。社員全員で翌年、丸駒温泉で社員研修として宿泊もしたなあ。

丸駒温泉に入るたびに、その当時の苦労を思い出します。

下記は、丸駒温泉のサイトから

http://www.marukoma.co.jp/history.html

0 件のコメント: