Translate

2016年10月5日水曜日

アジアは狭くなった。そして、セブも近くなった。直行便がいつの日か。。。。。

当社が2013年に、国の海外進出補助金を得てフィリピン進出の調査を始めた時、
フィリピン・セブ島へのフライトは、
・フィリピン航空 成田便 毎日1便
のみだった。

しかし、LCCやらのおかげで今年12月より、
・フィリピン航空 成田便  毎日1便
・フィリピン航空 名古屋便 毎日1便
・フィリピン航空 関空便  毎日1便
・セブパシフィック航空 成田便 毎日1便
・バニラ・エア 成田便 毎日1便
1日5便に拡大する。

また札幌からは海外での乗り換えが必要だが、
・エバー航空 台北乗り換え
・大韓航空  インチョン乗り換え
・キャセイパシフィック航空 香港乗り換え
と選択肢が多い。

インバウンドが増えるのも当たり前だ。
フライトが増えているのだから。


1 件のコメント:

タイゼン さんのコメント...

初めまして。2010年から5年間マニラに住んでおりました。英会話事業でGM,カウンセラーをやっていました。
セブへは20年位前に初めて行きましたが、昨今の英語熱のためかアジアの英語学習のメッカになってきましたね。

フィリピン航空が年内に札幌ーマニラ便を就航するようですので、今後は成田を経由せずに直接マニラからセブへ
飛べそうですね。現在私は東京にて個別指導の塾をやっておりますが、故郷北海道はいつも胸の中に熱くためて
います。折あれば・・・、というところです。

失礼いたしました。